top
話しことば検定
話しことば検定とは
2・3級実施要項
1級実施要項
アナウンス検定
アナウンス検定とは
2・3級実施要項
1級実施要項
参考図書
共通のご案内
資料請求
教材のご案内
受験の申し込み
合格証明書の発行
団体受験・講師派遣
受験の広場
ちよっと力だめし
受験者の声
受験者の声投稿
   
話しことばの大切さ 協会概要 お問い合わせ
受験者の声

「話しことば検定」は、さまざまな仕事に役立つ検定試験として、
業種・職種を問わず、導入する企業が増えています。
また、これから社会に出ていく大学生や、話すことを生業にしようとしている専門学校生などが
学校で団体受験をするケースも増えています。
担当の方からコメントをお寄せいただきましたので、ご紹介いたします。(2013.9.5追加)

野中氏写真 「話しことば検定」開始当初より導入。
現在ではコンシェルジュのスキル認定制度にも活用しています。

リコージャパン株式会社
 PP事業本部 PPサービス括センター
 サービス戦略部 PP推進グループ
 シニアマネージャー         (2014年2月現在)
 
野中 郁子 様

  http://www.r-ts.co.jp/            

 弊社は、技術力でお客様の課題を解決することを目指しています。私たちコンシェルジュに求められているスキルは、老若男女すべての方に「わかりやすく」情報を伝達する力、コミュニケーションの能力です。
 つまり、知識、技術を一方的に伝えるのではなく、お客様の状況やお困り具合を正確に把握し、適切に対応することが大切です。その際、テクニカルスキルとともに重要なのは「ことば」の力です。
 「話しことば検定」は、コミュニケーションスキルの基本となる「話す」「きく(聞く・聴く・訊く)」「考える」を学び、自分の実力を測ることができる資格として、この検定の設立当初から取り入れています。
 また、現在ではコンシェルジュのスキル認定制度の必須資格にも掲げています。家庭や学校教育では手の届かない部分を含め、改めて話しことばについて学び向上する機会となるうえ、お客様対応の全体的な底上げにつながると考えています。 今後も「話しことば検定」を活用し、正しく美しい日本語で、お客様のお役に立てるよう努めたいと思います。

エムケイ株式会社木村氏 社内で毎年「話しことば検定」2・3級の団体受験を実施。
管理職には2級以上の受験を勧めています。

エムケイ株式会社
 外商部
 
マネジ
 木村 伸介 様

 http://www.mk-group.co.jp/

 弊社は京都だけでも一日に3万組近くのお客様にタクシーをご利用いただいています。
お客様の大半は事前に電話で予約を下さる「常連」の方々で、たまたま居合わせたタクシーにお乗りになる方よりも更に高いレベルのサービスをお求めです。
 その期待に応えるためには、ドライバー個人の接客技術の向上が必要であることはもちろん、コールセンターや、法人顧客のニーズに対応する外商部、ドライバー教育を担当する運行管理部門など、ドライバーを支える部署間のチームワークも重要です。
 そこで弊社では円滑なコミュニケーション実現の第一歩として「話しことば検定」の受験を推進し、毎年団体受験を実施しています。特に3級または2級を受験する新入社員には、社会人に求められる常識を身につけさせるために入社時から検定対策研修を行っています。
また管理職には、自分のことばが部下に与える影響を意識し実際の意思伝達能力を高めるために2級以上の受験を勧めております。
エムケイ株式会社木村氏 医療現場で患者様と医療スタッフをつなぐ医療秘書。
本校では「話しことば検定」のテキストを使用して、相手に
誤解なく内容を伝えるための知識と技術を学んでいます。

専門学校甲府医療秘書学院
 講師
 望月 薫 先生

 http://ms.ito-gakuen.ed.jp/

 本校では、医療秘書を目指して、生徒達が勉学に励んでいます。そして、全ての生徒が、希望通り医療機関へ就職を果たしています。
 医療秘書は、さまざまな医療現場で、人と人をつなぐパイプ役となります。
 特に病院の顔として、窓口で患者さまやご家族に接する時に必要とされるのが、思いやりの心に裏付けられたコミュニケーション能力です。
 不安や悩みを抱えた方達の力になるためには、親身になって話を聞き、正しく理解し、共感し、正しい情報をわかりやすく伝えるスキルが求められます。
 その助けとするために、本校では授業で「話しことば検定3級テキスト」を使用し、3級取得を目指して団体受験を実施しております。
 マニュアルによる、心の伴わない決まりきったことばではない、心の底から自然に発することば。それを誤解無く、相手に届けるための知識と技術を身につける事を目指しています。
 さらに国家資格の社会福祉士をめざす生徒達は、一層のスキルアップを目指して、2級テキストを授業で学習し、2級を受験しております。
 医療現場で、患者さまと医療スタッフとの架け橋になれる人材を育成するために、「話しことば検定」を活用していきたいと考えております。

エムケイ株式会社木村氏 声優業界で長く活躍するために!
1年時は「話しことば検定」で"話す・聞く"の基本を学び、
2年時は「アナウンス検定」で更なる応用力を養います。

大阪アニメーションカレッジ専門学校
 教務課 主任
 杉山 徹 先生

 http://www.osaka-anime.jp/

 本校は、今年で10年目を迎えた専門学校で、アニメーション業界で活躍する人材を育成しています。アニメーター、マンガ家やキャラクターデザイナー、イラストレーター、ゲームデザイナー等を養成する作画系の学科、そして、作品の声を担当する”声優”を育成する声優学科があります。
 この声優学科のカリキュラムに組み込んでいるのが、「話しことば検定」と「アナウンス検定」で、コミュニケーションスキルの基本を学ぶために、創立期から現在まで毎年続けて団体受験をしています。
 検定試験のために作成されたテキストと、協会講師による素晴らしい指導のもと、おかげさまで、毎年全国的にも非常に高い合格率を得ています。
 「話しことば検定」3級(1年時)は、話すこと・聞くことの基本を多くの学生に均一的に指導するのに役立ち、「アナウンス検定」(2年時)は、更なる応用力を養うのに役立っています。また、「アナウンス検定」では、3級のみならず、全員2級合格を目指して取り組んでいます。
 今後も「話しことば検定」「アナウンス検定」で美しく正しい日本語の基本を学び、業界で長く活躍できる声優を輩出していきたいと考えています。
導入した業種の例
Copyright 2010  (C) NPO法人 日本話しことば協会